駐車スペースの必要サイズ・寸法について

トップページ > 駐車スペースの寸法について

駐車場の寸法について

車1台あたりの駐車スペースは、どのくらいの広さが必要なのか?

駐車スペースの大きさ・広さは使う方の利便性に大きな影響があります。
「あの店の駐車場は停めにくくて・・・」
「ドアを開けたら隣の車に当たってしまって・・・」
「車椅子を降ろせるスペースが無いなぁ・・・」
など、お客様にネガティブな印象を与えたり、不用なトラブルに発展する事もあるかもしれません。ドアを全開にしても接触しないような寸法をとる事が出来れば理想的ですが、それでは駐車台数が大きく減ってしまいます。駐車場路面テープを利用する際には、このような事を考慮しつつ、敷地を有効活用するために計画的に施工して下さい。

一般的に塗料などによる駐車場ライン施工の際には、1台当たりのスペースと駐車に必要な車路幅が、
幅 2.5m × 長さ 5.0m 車路幅 5.0m
というサイズが標準値(最低値)とされる事が多いようです。

このサイズを基本寸法として、確保したい駐車台数、下記に該当するような使いやすさの向上を考慮して設計する事が必要です。

  • 片側が壁面になるような場所は3m程度の幅があると利用しやすい。
  • 車椅子の利用者専用スペースはもっと広く(幅3.5mなど)
  • もし幅2.5mに満たないサイズしか確保できないようであれば車路幅を広げる
各クラスの平均的な車両サイズ 単位(メートル)
全長全幅全高代表車種
軽自動車3.41.481.65ムーブ、ワゴンR、アルト、ミラなど
小型車4.51.681.5マーチ、ヴィッツ、フィット、イストなど
中型車4.81.71.5カローラ、プリウス、スカイラインなど
ワンボックス4.81.72.0セレナ、ステップワゴン、デリカ、エスティマなど
大型車5.21.871.5クラウン、レクサス、シーマ、ベンツなど

簡単に車庫入れ出来て、ドアの開閉に余裕がある幅を確保し、大型車でも楽々となると、幅 3.0m × 長さ 5.5mくらいは必要になってきます。また、駐車場と道路との位置関係(駐車場内に車路はあるのか。道路から直接車庫入れするのか。)も関係しますので、考慮したうえで使いやすい区画ライン施工をおすすめします。

余裕のある幅を確保出来たとしても、利用者が真ん中に駐車してくれるとは限りません。
店舗駐車場でよく見かけると思いますが、ラインを1本ではなく2本引くことで、駐車する位置をある程度規制する事も出来ます。車同士の間隔が保たれ、ドアが接触するなどのトラブル防止効果が期待できます。

新築時やリフォーム時に車庫やガレージのラインを引くのではなく、コンクリートを施工する際にあえて隙間(目地)をあけて駐車スペースを作るで1台当たりの区画を作るという方法もあります。目地に芝を植えたりレンガを使ったりすれば見た目も良く、水はけにも効果的です。

軽自動車専用の駐車スペース

駐車区画を検討すると普通車サイズのスペースを確保できない場所も出てくると思います。(例:街灯など設備の支柱があるため長さが足りない。 敷地の形状で一部だけスペースが足りない 等。)
そのような場所を軽自動車専用としているのをよく見かけます。

上記の1台当たりのスペースを軽自動車に置き換えると、
幅 2.28m × 長さ 3.6m 程度になります。

路面表示の『軽』という文字は「このスペースは小さいですよ!」と伝える事にもなり、不要な接触事故防止にもつながりますので、可能な限り表示した方がよいのではないでしょうか?

縦列駐車の必要寸法(長さ)はどれくらい?

縦列駐車が苦手という方はとても多いのではないでしょうか。とても狭い所に上手くハンドルを操作して収めなければいけないというイメージがありますよね。では、どのくらいのスペース(長さ)があれば駐車が可能なのでしょうか?
駐車場を計画する際にあえて縦列駐車のスペースを作ることは少ないと思いますが、敷地の大きさや形によっては縦列の場所を作ることもあると思います。自宅の駐車場で特定の人しか運転しない場合などは狭くてもいいかもしれませんが、不特定多数の人が利用する駐車場の場合はそういう訳にはいきません。

一般的に縦列駐車に必要なスペースは、車両の長さの1.5倍と言われています。もちろんこの数字はバックで駐車する場合です(※前進して縦列駐車しようとすると車両の長さの3倍ほどのスペースが必要です)。上の車両サイズ表から計算すると、最低でも7mくらいは必要だというのが分かると思います。1.5倍程度を基準に余裕をもって計画して下さい。

HONDAのホームページで、縦列駐車のポイントが、動くイラストで分かりやすく紹介されています。苦手な方はご参考まで。 Hondaの交通安全運転アドバイス(四輪編)/縦列駐車(www.honda.co.jp/safetyinfo/kyt/master/master05.html)

駐車場の路面に施工する商品

吹付けプレートの特注製作も承ります!

製作可能な最大サイズについて

製作可能な最大文字サイズは100cm × 100cmまでとなります。(※ブリキ板のサイズは、文字サイズより一回り大きくなります)画数の多い文字など、ご依頼内容によっては製作できない場合もございますのでご了承ください。

オリジナル文字で製作したいというご要望がありましたら文字内容・文字サイズ・枚数をファックスまたはメールにてお知らせ下さい。無料でお見積りいたします!

特注でご注文いただいたスプレー吹き付けプレートの製作例です。

特注吹き付けプレート制作例「月」「極」
 「月極」

特注吹き付けプレート制作例「来」「客」「用」
 「来客用」

特注吹き付けプレート制作例「専」「用」
 「専用」

特注吹き付けプレート制作例「幼」「稚」「園」
 「幼稚園」

特注吹き付けプレート制作例「軽」
 「軽」

特注吹き付けプレート制作例「専」「用」「P」
 「専用P」

特注吹き付けプレート制作例 大字「零」「壱」「弐」
 大字「零」「壱」「弐」

特注吹き付けプレート制作例 「時」「間」「貸」
  「時」「間」「貸」

特注吹き付けプレート制作例 「小さい数字と△マーク」
  「小さい数字」「三角マーク」

特注吹き付けプレート制作例 「総」「車椅子マーク」
  「総」「車椅子マーク」

特注吹き付けプレート制作例 「構」「内」「用」
  「構」「内」「用」