障害者の方の専用駐車スペースを表示するバリアフリー看板

トップ > バリアフリー・車椅子マーク

バリアフリー・車椅子マーク

取り扱い中の駐車場看板の中から車椅子マークのスタンド看板を取り揃えました。どのスタンド看板も、人や車にやさしい安全設計です。形いろいろ、サイズいろいろ。身障者専用駐車スペースの確保にご利用ください。

車いすがデザインされたピクトは「国際シンボルマーク」です

看板やシール、駐車スペースのアスファルトにプリントされたものなど、車いすマークのピクトデザインを見かけると思います。専用のスペースであったり、移動に不都合な段差が無いよう設計されていたりといった事が車椅子の方専用と思われていないでしょうか?

このマークは「国際シンボルマーク」と言って、身体に不自由があって車椅子を利用している人だけでなく、高齢者やケガ人など障害のある人々全般を対象とした建築物や施設であることを示す世界共通のマークです。国際リハビリテーション協会(RI)が1969年に定め、国内では日本障害者リハビリテーション協会(JSRPD)が管理しています。

公共の様々な場所でこのマークを使った看板が使われるようになっていますので、障害のある方への配慮、健常者へ配慮を促すといった目的で適切に商品をご活用ください。

バリアフリーとは?

バリアフリー(Barrier free)とは、対象者である障害者を含む高齢者等の社会的弱者が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた事物および状態を指す用語である。
「設備やシステムが広く障害者や高齢者などに対応可能であること」をさして英語では「アクセシビリティ」(accessibility)と呼ぶ。それに対して、「バリアフリー」(barrier free)は建物の段差を取り除くことなどのみを示す。

参考:Wikipedia